青森商工会議所では、産学(官金)連携事業の一環として、昨年8月に青森地域経済活性化懇談会を設置し、「人口減少下における、地域経済の現状と今後の対応策」をテーマに、青森市の成長戦略(地方版総合戦略)等の策定作業と連携して、青森学術文化振興財団助成金を活用した共同研究事業を行い、経済センサス活動調査結果をはじめ、関連する各種の調査結果を分析、本市の商業者がおかれている現状について把握するとともに、新青森開業と同時期に九州新幹線が全線開業した熊本市と鹿児島市の視察会を実施するなど、今後の対応策について検討してきた。

 懇談会では、本県にとって3回目の開業となる北海道新幹線新青森・新函館北斗開業や中国との国際定期便の就航、大型クルーズ客船の寄港増加など、本市の交流拠点都市機能の拡充を活かした取組みが求められるなか、ソフト面を含めた中心商店街振興に向けたグランドデザインの再構築や地元企業の事業承継、創業・起業支援の強化が求められる商業・サービス産業振興と、都市観光、広域観光、インバウンドの推進などによる観光振興による地域経済活性化にテーマを絞って、現状分析と今後の対応策実施に向けた問題提起・提言というかたちで報告書を取りまとめた。
◎「人口減少下における、地域経済の現状と今後の対応策」は、以下からダウンロードできます。
表紙(PDF)〔240KB〕
P1〜P4 目次〜序〔875KB〕
P5〜P29 青森市の地域経済の現状〔4,815KB〕
P30〜P53 中心商店街振興と魅力あるまちづくり〔3,347KB〕
P55〜P72 観光振興〔2,422KB〕
P75 先進地視察会〔1,241KB〕
全体 「人口減少下における、地域経済の現状と今後の対応策」〔9,796KB〕

青森地域経済活性化懇談会報告書