会議所とともに


青森商工会議所創立120周年記念事業

弘大など5大学と連携協定を締結

「知」を活かし活力ある地域社会の形成目指す

産学連携協定の調印後、協定書を手にする林会頭(右から3人目)と5大学の学長

 今秋創立120周年を迎える青森商工会議所(林光男会頭)は7月2日、記念事業の一環として、青森市内にキャンパスや研究所のある大学と産学連携協定を締結した。大学が蓄積する「知」を活用して課題を解決、活力ある地域社会を形成するのが狙い。協定を結んだのは弘前大学、青森公立大学、県立保健大学、青森大学、青森中央学院大学の5大学。協定締結後は、「青森地域産学連携懇談会」「まちなかキャンパス」の開催など地域経済活性化に向けた産学連携のさまざまな取り組みを順次、スタートさせる。

 青森市のアラスカで行われた締結式には、関係者約70人が出席。林会頭と弘大・佐藤敬学長、県立保健大・リボウィッツよし子学長、青森公立大・香取薫学長、青森大・崎谷康文学長、青森中央学院大・花田勝美学長が地域産業振興や人材育成など五つのテーマで連携する内容の協定書に署名した。

 林会頭は「会議所と5大学が一層の連携を図り、スピード感を持って早期に具体的な成果を上げていきたい」とあいさつ。産業・経済界が大学側とネットワークを構築することへの期待を述べた。

 今後は、各部会・委員会を中心に地域産業の振興(ものづくり)や中心市街地活性化、健康・福祉の増進など連携のテーマごとに研究会・交流会開催を予定している。また、まちなかを学術・文化の拠点に位置付け、駅前再開発ビル「アウガ」など公共施設を会場に各大学と共催の出前講座(公開講座)「まちなかキャンパス」を開催する。

 締結後に開催された「第1回青森地域産学連携懇談会」では、産学連携の進め方について活達な意見交換が行われた。各大学の学長からは「健康・福祉の分野で産業界のニーズに貢献したい」(県立保健大)「アウガでまちなか公開講座を実施している。人材育成の面でお手伝いしたい」(青森公立大)などの意見が出された。大学側の連携歓迎の声に対し、青森商工会議所側も各部会長らが「各大学の研究者らとの共同研究を通して、産業界が抱える課題を克服したい」などと発言、連携への期待感を表明した。